読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

ジュウシマツの歌にかんするトーク

今月はトークが盛り沢山だ.ジュウシマツの歌生成の複雑な時系列規則をどうやってニューロンがつくっているのか,それを解明するために情報論的アプローチを駆使した話だった.「どうやって相関を越えて因果関係に踏み込むか?」ということを質問した.特定の神経核を構成するニューロンの特性を調べる必要がまずあると思うのだけど,スライスでそれぞれの神経核ニューロンの特性を決めるような基礎的な仕事はまだされていないとのことだった.マルチユニットレコーディングは解析の手腕が問われるところだが,工学がバックグラウンドの方だったのでさすがだった.途中でintegrate and fireモデルのニューロンネットワークをSTDPを入れてつないだシミュレーションの話があった.integrate and fireモデルは膜の性質を受動的なものとみなしているので,どうしても不自然なものな気がしてしまう.個々のニューロンの個性が気になるのだが,その点にかんするデータがあまりとられてないとのことがやはりネックだと思った.