シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

出っ張り中

岡崎にある生理研のトレーニングコースに来ている.参加の目的は,最新の研究手法を知ること.以前に紹介した論文を発表した研究室の提供しているコースを運よく受けることになった.これまでは主に「発達」のモデル生物であるゼブラフィッシュの神経回路「機能」の解析という内容だ.


論文で読む(観る)のと,実際に自分の目で触る,観るということはまるで違う.これは自分の研究をあらゆる人にあの手この手をこらして説明,見せるときの難しさからも身にしみて感じることだ.感動を肌で感じられれば,と思う.また,今自分が持っている技術,興味からも,今後研究対象としても有力な候補のひとつである.その可能性もさぐりたい.


今日は他のコース,研究室の講演だけだったが,明日の朝から作業を実際にはじめる.楽しみである.


夕食は,たまたま同じロッジ,同じコースを選択しているAさんと東岡崎周辺を徘徊して,けっきょくインドカレーを食した.本格的なナンでなかなかいい味だった.客が少なく,寂寥感があったが.


RIMG0043