読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

研究を楽しむために

以下の記事の中の「実験ノートはプチ論文」というのは、たしかにいい方法だと思う。

研究を面白くするもう一つの秘訣は実験ノートです。何度も述べましたが、私は初めからほとんど他人から教わることなく研究をしてきたので、何事も自己流が多いのですが、実験ノートの付け方も自分なりにいろいろと工夫してきました。研究を楽しむためには、要所要所で自己完結することが重要で、論文完成まで数年間もまとめがないと常にフレッシュな気持ちで研究に取り組めません。そこでどうするか?と思って考えたのが、実験ノートを「プチ論文」にすることです。必要な構成は、1)タイトル、2)日付、3)実験目的、4)材料・方法、5)実際に行った手技、6)結果、7)考察、です。

教授からのメッセージ

プチ論文であるためには、記述も英語であるほうがよいということになる。実はこれまでは実践していなかったので、これからはそうしよう。論文を書いたあとなので、ちょうど頭が英語モードになっていることだし。