読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

何回も読み直したい「末弘厳太郎の練習10則」

書類を整理していたら出てきました。かつて水泳部の練習メニューの一部に先輩が掲載していたものです。

1則 正しいトレーニングによって体を作れ。体を作ることを忘れて、いたずらに技巧の習得を努めても決してタイムは上がらない。


2則 体と泳ぎとを作ることを目的とする基礎練習と、レース前の調子を作ることを目的とする練習とを混同してはならぬ。レース前になって、むやみにタイムばかり取る様な練習は最も悪い練習である。肉体的にも精神的にも、いたずらに精力を消耗するだけのことである。


3則 むやみに力泳するよりは、水に乗る調子を体得することが何よりも大切である。


4則 スタートとターニングとの練習は、泳ぎそのものの練習より大事だと思わなければならぬ。


5則 一つ一つのストロークを失敗しないように泳ぐことが、最も良いタイムを得る方法である。


6則 レース前の練習に当たっては、毎夕毎朝、体重を測れ。もし朝の計量において体重の回復が十分でないことを発見したなら、練習の分量を減らさねばならない。


7則 スランプは精神よりはむしろ体力の欠陥に原因していると思わねばならぬ。


8則 レースまぎわに体を休ませるつもりで力泳を控えることは非常に危険である。体を休ませるために練習量を減らしたければ、力泳をせしめつつ、その分量を減らすようにせねばならぬ。休ませるつもりでフラフラ泳がせると、調子が壊れてしまう。


9則 あがるくせのある選手にいくら精神訓話を与えても、何もならない。いかなる場合にも、体を柔らかくして、水に乗って泳げるように徹底的に練習させ、くせづけてしまうことが何より大事である。


10則 良き練習は良きコーチによってのみ行われ得る。しかし、コーチのみに頼って自ら工夫することなき選手は上達しない。

故末弘厳太郎氏は日本水泳連盟の結成にも尽力された法学者のようです。あまり詳しくは知りませんでしたが、上の練習10則は心にずっと残っていました。特に7則や9則が印象に残っています。精神論になってしまうことを戒めた、これぞ一流体育会系の言葉でしょう。我々は、結局は動物なのです。脳もからだなのです。