シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

大学祭がはじまったようですね

それを横目に今日は学会の参加登録、参加費用の払い込みなどをすませました。その後、自分がファーストになる論文の図版作成を。早くせねば、しかし、焦ってはならない。いや、焦ろう。今日は何となく、進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)を買いました。「進化しすぎる」とか、修辞なんでしょうけど、「しすぎるなんておかしいよ」と、食わず嫌いだったので、ちょっと読んでみます。分かりやすそうですし、分かりやすく自分の研究を説明するお手本とさせていただこうかと思いました。著者の池ケ谷さんは近いうちに講演に来られるらしいです。うわさによると、修士の段階で10本以上の論文を書かれたとか、すごすぎです。そういえば、明日は、別の方の講演を聴かねば。