シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

無駄なダムか無駄な科学か

無駄にダムを作るよりは無駄に科学をする方が後につながる可能性を残す分だ
け良いのではないだろうか。

2008-03-31 - potasiumchの日記

リンク先のid:potasiumchさんの記事は建設・道路族ロールモデルとして科学
することを提案している。


ダムなどをつくる建設業というと漫画サラリーマン金太郎くらいの認識しかな
いのだけれども、なるほど、“科学という使える情報ダム”をつくるほうが日
本の国益にかなうかもしれないと思った。


id:potasiumchさんもおっしゃっているが、科学の仕事というのはさまざまで、
その仕事の進み具合を妨げるのは特に実験だ。実験というのは“ヒト、カネ、
モノ”すべてにコストがかかる。


効率的に科学の仕事をすすめるには、これらリソースのバランスのいい配分が
求められる。巨大なチームをつくる研究室は、ひとつの企業のようだ。


どうやってこのリソースを獲得、配分するかはボスの経営手腕に関わってくる
わけで、これからは科学研究の現場に経営のプロも必要かもしれない。


研究者としてはずっと実験していたいというのがサガなわけだが、そうもいか
なくなってくる。優秀なヒトがのりぐちをしのぐためだけにエネルギーを投入
して、ほんとうに重要な科学的成果がえられないのは、“経営に失敗”してい
るとは言えないか?