シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

ある先輩が結婚する

何となくにおわせる趣旨のメールがあったんだけど、何はともあれ、おめでたい。アカデミアに残った先輩たちの中でこういうニュースがあると、やっぱり嬉しい。この先輩は辛酸なめてドクターとられたし、結婚するところまで行くのに数々の修羅場があったはず(スペッキュレーション)。ただ、こういうポジティブなニュースが貴重に思えてしまう閉塞感はある。

博士養成、ベトナムから1千人 政府、ODAで受け入れ

日本側は200億円以上の費用が必要とみられる。

こんなニュース見ると、浅薄なんだろうけど、カネの使い方に疑問を感じてしまう。これから博士に進学する人たちにまわしたほうがいいのではないか。