シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

「自分探しが止まらない」を読んだよー

多くの事例が「自分探し」という軸にしたがってきれいに編纂されていた。それはまるで生物の多様性を説明する「自然選択」のようなすっきり感があった。そこで描かれる団塊ジュニア氷河期世代の自分探しとは、ずれたところに自分は位置しているなと思った。そうそう、ライフセーバーの講習は、あれは自己啓発セミナーと同じフォーマットが埋め込まれていた。おそらくインストラクターが最後のラン・スイムで僕に負けなければ仕上げが出来たんだろうなと思う。

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)