シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

アウトプットしてインプットを増やす

ニューロンの話。逆行性のシグナル(電気的なものではなく遅いものを想定)が入力部位のシナプスに働きかけてインプットを増やすという考え方にかんする見解が紹介されている。
http://swingybrain.blogspot.com/2008/02/blog-post_307.html
こういう話を研究者の人生に置き換えて話をしたりするのは、サイエンスじゃないけどよくやってしまう楽しみだ。「テタヌス刺激を与えてやる!」とか「僕の海馬はどこいった〜?」とか。枚挙にいとまはないが、安易なものたくさんな。