シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

乗り換え

http://farm3.static.flickr.com/2281/2196787181_9c338fc27b.jpg:image:w400
これまでは研究にかかわる図版の作成をCanvasというソフトを使ってやっていた。ところがCanvasのMac版が開発中止になった。不安定なまま使い続けていらいらすることがしばしば。

Canvas難民になったのでIllustratorに乗り換え、Indesignも使ってみている。今のところ大きな問題はなし。MacはOSXでunix環境が使えるなど科学研究の場にも使える計算機だと思っているが趣味の問題もあるし、一度使い始めたらという惰性もある。Macは不経済でもあるが、工夫次第でおつりが帰って来るくらいの使い方ができる。その伸びしろが大きい。

CanvasははじめはMacメインに開発されたのだが、やはりシェアの問題もあるのだろう。Adobeとはけっこう蜜月の関係があるようだ、とはいうものの、他に主だった選択もないのでAdobeのCS3シリーズに乗り換えることになった。

ちなみにIndesign京極夏彦も小説を書くのに使っているらしい。
http://www.adobe.com/jp/print/features/kyogoku/

体験版をダウンロードし使っているが今までのいらいらが嘘のようだ。インテルマシンになったMacとしては過渡期もすぎてCS3になってより安定したソフトになったということだろう。CS2は動作が緩慢だったが、CS3はかなり速くなった。これで学会前の叫び声の回数が減ることだろう。