シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

削る

ブログに表示されるものをいろいろ削ってみた。削り始めるとなんか止まらない。文章もたくさん書いて、削り始めるとどんどん減って、ときどき、結局何もポストしないということもある。このポストするまでの閾値は変動してて、人の性格も出るのだろう。また、何も考えないで書いたことをポストしたらブクマがついて、こうなるとシステムに組み込まれた感じがして、消しづらくなる。その言葉はもう僕のものでもない、制御不能の海で泳ぎだしたミームのように思えて来る。口は災いのもととはよく言ったものだ。