シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

哲学者はもっと科学の情報を編集・編纂するべき

一部の科学しかできない科学者がさも社会についても分っているかのように勘違いする*1。僕も勘違いが得意だが。

哲学は事実に先立って行われることはない。「世界が在る」という事実、あるいは「地上では物体は落下する」という事実、そのような各種事実は疑いようがない*4。

ダニエル・デネット『自由は進化する』 - logical cypher scape

ときどき思うのである。たとえば、カントが現代にいたらカント研究者になるだろうかと。カント・ラプラス星雲説なるものもあるくらいなわけで、その当否はともかく、そうしてものを考えた。現代にいたら神経生物学をやってたのではないかと思う。内なる道徳法則の実在を確かめようとしたんではないか。

*1:たとえば脳科学者とか。