シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

フィードバック回路によって実現できることを考えると、フィードバックさせることってオブジェクトをつくることではないか。簡単な、負のフィードバック回路であれば、自分で、自分のスイッチを切るという構造がオブジェクトではないかと。で、たぶん、これは、 「オブジェクト指向の概念の発明者は誰ですか?」で言われる、手続きの抽象化のことなのかな、と。あんまり自信はないが。selfとか、たしかに自己完結するという意味で、フィードバックであることは当たり前か。