シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパッチン研究者の記録

今から博士後期まで進もう、って輩については、もうそういう現状があるってわかっちゃってるわけだから、「こんなことになるなんて思わなかった」とは言えないわけですよ。

元より「博士後期に進む」って決めた時点で人並の人生も幸福も期待なんかしてない - かたつむりは電子図書館の夢をみるか

博士課程が大変な道であることは、行く前からかなり博士の先輩に言われたことを思い出す。

ま、元より博士後期進みたい、って親に言った時点で人並の人生歩んだり幸福が得られるなんて期待してないけどね。

そもそも人並みの幸福の基準がまったく違うだろうな。研究というのはそういう人がやるものだ。自分が幸せを感じるモノに他の人が幸せを感じないなら、ひとまず第一段階クリア。それが、ほんとうに正しい答えかどうかは、ほとんど自分しか分からない。あるいは、ごくごく少数の分かってくれる人。恩師とそのあたりでずれると、その答えはおおかた間違っている。正しくても、続けることはほとんど無理だろう。