シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

マイナス思考はシミュレーションの一種

サバイバルという言葉を使ってモノを考えるのは僕はそんなに嫌いではない。それはマイナス思考の一種だからだ。梅田氏が言うような

僕の「座右の銘」は、アンディ・グローブの「Only the Paranoid Survive」(極度な心配性だけが生き残る)という言葉。サバイバルっていう言葉は、ちょっとざわざわするから、わざと使っている。

サバイバルって当たり前のことなんじゃないの - My Life Between Silicon Valley and Japan

というようなことも、読むにつけ、どんなマイナス思考をしているのかという興味がわく。宗教というのも、成功したマイナス思考が人々の心の根本を掴むからだと思っている。罪悪感だったり、恐怖だったり。年金もらえないかも!と不安になってかけつけるのも同じ行動のメカニズムではないかな。マイナス思考にうまく火をつけると、はげしく燃える。
だから、サバイバルするには、コントロールしないといけない。
科学というのも思想というか宗教というか、もう全部要するに人間という動物の行動であって、そんなに異質のものでもない。
でも、マイナス思考を活用するには、徹底的にやらないとなと思う。