シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

大きいから賢いの?

道にクルミを置き、自動車に踏みつけさせて割り、中身をゲット──さまざまな行動が観察され、優れた知的能力を持つとされているカラス。体重に対する脳の重さの比率がサル並みに大きいことは知られていたが、脳地図の作成で本当に賢いことがわかったという。

カラスはやっぱり賢い 「脳地図」作成で明らかに - ITmedia ニュース

脳の構造と行動との間のメカニズムは無視されている気がしますが。解剖学的な知見をメインに機能的な話をするのは、生理学屋としては文句もいいたくなる。いや、ジャーナリストの早合点が出ているのかもしれないが。