シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

募金は釣り合いをとるメカニズム

=>ホームレスの人を助けるべきか
はじめの話は募金の話から始まっているみたい。「募金しないとそれは見殺しにしてると言えないか?」と。
僕は募金は「気分」という確率的な部分を交えて、するかどうか決める。そもそも、募金というのは偶然お金が集まりすぎたところから、偶然にお金(食料)がなさ過ぎたところに分配するメカニズム。マージャン*1で勝ったやつがそれでみんなにおごるというのと、同じだと思う。つまり、「あ〜、儲かっちゃったけど、ついてただけだからな、おごるよ」という行動と同じであるということ。
ある金持ちに対して「ケチ!」と思うのは、「お前のその金は自分の力だけで手に入れたものではないだろう?たまたまだったり、他の人のおかげだろう?」という思いが背景にある。実際にケチな人間はすべて自分の力で手に入れたと思っているからケチだったりするが。
本当に「気前がいい」というのは、何が自分以外の力で手に入れたものかをよく分かっているというか、そういうセンスを言うのだと思う。

*1:僕はできないが。