勝虫日記

動物生理学者の覚書

行間を読め

とはよく言われたが、実際、そうだと思う。小説でも哲学書でもブログでもプログラミングソースでも、それを書いた人の心の動きとか感動とか*1を感じて自分の心も動くことを期待している。行間を読んで、動かされると、読んで良かったなと思う。

*1:英語でもmoveだし。