シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

やはり、この手の説明では、分かりにくい、オブジェクトシコー

=> "5分で絶対に分かるオブジェクト指向"
ところで、オブジェクト指向とはなんたるかというこの手の記事を読まないで、実際にお手本見ていると、自然に理解できるようになってきたから、ま、よし。

オブジェクト指向プログラミングはスパゲッティコードを書くための持続的な方法を提供してくれる。プログラムをパッチの繰り返しで書くことを加速するんだ。大きな組織はソフトウェアをいつでもそういうふうに書いてきたし、100年経ってもそれは変わらないだろう。

ポールグレアムも「ハッカーと画家」の中でこう言っていることだし、再利用性は必ずしもオブジェクト指向だから高まるというわけでもなさそう。