シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

停滞中だけど、進行中と考える

30日でできる! OS自作入門
半ば趣味と化してきた電光掲示板づくりだが(目標は高く!)、どんどん深みにはまり、基礎の理解が足りないということで、そもそもコンピュータって何しているの?とか、どうやって制御するのという興味にハマル。それで、「ハードウェアとソフトウェアの関係を理解しないと!」と右も左も分からず走っている。だが、自分が持っている技術は、Perlでテキスト型のデータを成形するくらいしかない。あとは本を見ながらそのまま真似してFreeBSDを触ってみたり、研究室ではMacとWindowsを触るが、何か深いところかつもっとハードに近いところで直接制御しているって感じがしない。そこまでのレベルに到達していないだけなんだろう。
そこで要するに自分の興味はどこに向かっているのかというと、OSなのかなとふと思った。ハードとソフトの関係で一番ハードに近いソフトがOSなのだから。うすうすと気づいてはいたが、一歩を踏み出せなかった。ちょろっとプログラム書いた事あるくらいで、OSなんて手が出せないんじゃないかと、思っていた。それで、これまた、うすうすと気づいていたのが、書店で平づみになっていた「OS自作入門」という本。