シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

mixiの方が周りの人のレスポンスが早いため、そちらに日常の些細なことを書くようになってきて、こちらをあまり使わなくなってきている。

このあたりに筆者として伝える相手の集団の意識の違いが出てくる。mixiなどでは実質書いたことを見るのはマイミクの登録者であって、こちらのはてなダイアリでは、誰もが見る機会を持っているということになって、必然的に書くときの意識が変わってくる。

はてなダイアリでは、誰が目にするか分からないから、ちょっとびびってしまって、「下手なこと書けないな」という意識が頭をもたげてくる。それに書いた記事が半永久的に残ってしまうことを考えると、さらに下手なことを書けない。ここで書いたことで人間関係をおかしくはしたくない、という思いがある。しかし、このことはmixiでだって言えることだ。下手なことを書いてしまうと恥を書くのは同じこと。

就職するときに、ブログに書いたことがあだとなって、内定取り消しだなんてこともあるらしい。逆にしっかりしたことを書いていたりすると評価されることもあるのかもしれない。

どんどん勢いにまかせて記事を書くのが気持ちいいのは確かなので、そんなことにちょっとびびりつつ、今も書いている。考えていることを文字にするというよりは、書きながら考えて、書いたのをさらに読んで考えるというのが、どうもいいようだ。考えるために書く。そしてあとで読み返して、さらに考える。誰かからの反応があればそれもまた考える材料になる。

とにかく、今は考えるという作業をするためにブログというモノが自分の生活の中で必須のモノになってきているようだ。

いやぁ、読み返すとほんとひどい。