シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

おしっ

今日は久しぶりにいいデータがとれた。やっぱ気合い、間合いが重要だ。私は剣道をしたことはないが、何事も間合いをとるのが一番難しい。水泳だって、泳ぎのコンビネーション、呼吸のタイミングなど、間合いを意識するところはごまんとある。

細胞に電極を刺すという作業がメインなのだが、直接細胞を見るわけでもなく、オシロスコープの波形の揺らぎを見ながら間合いをとる。スランプに入るとこの間合いがどうにもうまくとれない。行きすぎたり、足りなさすぎたり、早すぎたり、遅すぎたり。

イチロー選手がバッターボックスに立つまでにいつも同じ動作をして行くというのは有名な話だけれども、これも間合いをとるための一連の儀式なんだろうなと思う。意識せずに身体化した動作によって、意識しすべき、集中すべきところでの誤差を最小にすることができるのだろう。

まだまだ、甘いなと痛感するが、とりあえず、今日はこれでよし。