シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

日常的な言葉を企業特有のノウハウとリンクさせ、固有の意味を持たせることには、実業のパワーを感じる。小さいときに親、先生によく言われたことだなぁ。基本的にはこれらは連続的な技術の更新、増進をいうらしいが、その場での非連続的な思いつき、アイデアというやつを仕事として実現していくノウハウは含まれていない。このあたりをうまくとりいれようとしている「はてな」という会社の考え方、近藤社長の考え方は、面白いなぁと思っている。以下Kaizenを構成する要素。そして、タイのとある工場で実践されている5s(リンク先が間違っていました、2月16日訂正)。

Kaizenの5つの基礎の要素

1. チームワーク。
2. 個人的な訓練。
3. 増進された意気込。
4. 品質管理サークル。
5. 改善案。

この基礎から、Kaizenの3つのキーファクタは起こる

* 無駄(muda)および非能率の除去。
* よい家計のためのKaizenのfive-Sのframework。
* 1。 Seiri - tidiness
* 2。 Seiton - orderliness
* 3。 Seiso -清潔
* 4。 Seiketsu -標準化された一掃
* 5。 Shitsuke -訓練
* 標準化。