シャコ・エビ日記

シャコパンチ、エビパチン研究者の記録

部屋が狭くなってきている。今年でここに住んで7年になる。先輩に「お前はリスだな」と言われたことがある。先輩がいらなくなったものをよくもらって、家にため込んでいるからだ。いや、ため込むだけでなく、どこに置いたか分からなくなるのがミソなのだが。

ところで、生き物はいろいろと内部に取り込んだ。巨大シダ類たちは太陽エネルギーを蓄えることをした。彼らの遺骸が石油や石炭になった。今我々は生物が億単位で蓄えた遺産を100年単位で消費している。それがとっても賢い我々、ヒトというものらしい。一番エネルギーを使っているのは、脳ミソ。

脳を使って何をしているかというと、一生懸命外部にあるものを情報に変えている。それを脳が使うからエネルギーを情報に変えて内部に取り込んでいるとも言える。内部に蓄えたコトを賢く利用して行動している、つもりでいる。無駄ばっかりなのだが。

私はよく「お前はよくエネルギーを無駄に使うなぁ」と言われる。生協の食堂で頼む定食のご飯のサイズは必ず、「L」である。中央食堂のおばさんも顔を見て、L以上に盛ってくれる。「それで何人のアフリカの子供たちが救える?」と言われるが、「頭を使っています」と言い訳をする。実は、20年以上続けている水泳のトレーニングに費やすのだが。

よく先輩に、「勝手にしろ」と見捨てられる。いや、そこはプラス志向で、「勝手にやらせてくれるんですね。分かりました。自由にやります」と自分に言い聞かせる。よって、アメリカザリガニにも自由に歩いてもらう。できるだけ自由に歩けるように球形トレッドミルを改良した。いつ歩くかはザリガニ任せだが、歩いたらできる限りの情報が欲しいため、光学マウスで歩行行動を定量的に表せるようにした。ザリガニ任せなので、ガラス管微小電極を脳内のニューロンに刺して記録をとりながら、ひたすら「待つ」。

ザリガニ任せはつらい。なかなかデータがとれない。私は自由にやらせてもらっているので、先輩、先生方の寛大さには毎度頭が下がる思いである。それでもお言葉に甘えて勝手にやらせてもらいますが。それでも、脳内ニューロンで、自発的にザリガニが歩き始めるのに先行して活動するニューロンがいくつかとれきた。樹状突起の投射部位を調べると、どうも伝統的に言われるとおり中心体、前大脳橋が自発的な歩行開始に重要だろうということが言えそうになってきた。それでも、「太平洋の真ん中で一本釣り」をしている感覚(やったことはないが)がしてくる。

そんなときは、考える前に自発的に手を動かそうと自分を駆り立てる。